観光ビザ.jp 外国人の日本ビザを取得する方法   

  

招へい理由書の書き方・記入例をプロが教えます!

      2018/08/31

招へい理由書の書き方・記入例をプロが教えます!

短期滞在ビザ(観光ビザ)で、外国人の彼女や彼氏・友達や家族・取引先や現地従業員を日本へ招聘をする際、「招へい理由書」という書類が必要です。

短期滞在ビザは海外にある日本国大使館や領事館・代理申請機関で書類の提出&審査になります。そのため、もしビザ申請書類に不備があると短期滞在ビザ申請を受け付けてもらえず、修正した書類を海外へ送り直す必要があるので作成には注意が必要です。

そのような失敗をしないためにも、今回私たちコモンズ行政書士事務所がご紹介するテーマは「行政書士事務所で実際に活用している招へい理由書の書き方・記入例をご紹介!」です!

ビザ取得のプロが実際に活用している招へい理由書の書き方&見本を「交際相手や友達を呼ぶための知人訪問」・「父母や兄弟姉妹等の家族を呼ぶための親族訪問」・「取引先や現地従業員を呼ぶための商用」に分けて分かりやすくご紹介したいと思います。

この記事を読んでもらえれば招へい理由書をばっちり記入することが出来ますよ!

【参考記事】短期滞在ビザをもっと簡単に早く取得しませんか?

また、実は大使館や領事館では公表されていない書類ですが、弊所の経験上ご準備頂くだけで大幅にビザ取得率をUPさせる「招へい経緯書」という書類があります!(※弊所ではこの招へい経緯書を徹底的に研究し、100人中97人の方が来日を実現してます。)

少しでも短期滞在ビザ取得率を上げたいとお考えの方はこの「招へい経緯書」についてもご紹介しますのでぜひチェックしてみてくださいね!

私たちコモンズ行政書士事務所は、ビザ取得を専門に行っており常にビザ取得率97%以上を誇っております。また、短期滞在ビザのサポート料金は一律1名様40,000円(税別)と明朗会計になっており、書類の作成量が増えたとしても追加料金は一切頂きません。

それだけ、ビザ取得のサポートに関して他に負けない自信を持っております!特に短期滞在ビザは毎日のようにご依頼を頂いておりますので、最新の国別の取得傾向や許可データが豊富にあります。ぜひ私たちビザ取得の専門家にご安心しておまかせください。

ベトナム人を日本へ呼ぶ

お客様の短期滞在ビザ取得はコモンズ行政書士事務所におまかせください

まずは無料相談から

ネットでカンタンお申込

お問合わせ電話番号

1. 短期滞在ビザの招へい理由書について

短期滞在査証申請の招へい理由書の役割とは?

まず招へい理由書がどのような書類かご説明します。招へい理由書はビザ申請人(海外から日本へ来たい人)を日本へ招待しますよ!と日本国大使館や領事館に伝える書類になります。ここで「招へい理由書」にサインをする人を「招へい人(招聘人)」といいます。

短期滞在ビザは、ビザ申請人本人だけでも申請・取得は可能ですが、その場合審査のハードルが高くなるため許可を貰う事が難しくなっています。(例えば、中国では何十万円以上の保証金を預ける必要があったり他国でも一定の年収を超えている事が申請条件だったりします。)

【関連ページ】保証金不要!中国人のカンタンな短期滞在ビザ手続き方法を知る

また、実際に短期滞在ビザが取得出来ても団体ツアーだったり、滞在日数が短かったりと行動や滞在日数に制限が多くなる傾向があります。

しかし、日本で暮らしている人が「招へい理由書」を書いて招待してあげることにより、このような保証金やビザ申請人の年収要件・行動制限や日数制限を受けることなく短期滞在ビザ申請を行うことが出来ます。

そして、「招へい理由書」で日本側に協力者がいることが明確なため、審査のハードルもビザ申請人本人だけで申請するよりもはるかに下げることが可能です。

この「招へい理由書」は外務省のホームページからダウンロードできます。
【外務省HP】ビザ申請書類ダウンロード

ちなみに下の画像が短期滞在ビザ申請に必要になる招へい理由書になります。次の項目から上から順番に記載項目を解説していきます。

招へい理由書

また、招へい人になるためには必ず日本で暮らしている事と日本に住民票があることが絶対条件になります。もし、海外駐在や留学等で日本で暮らしていない方は日本でご家族やご友人に協力してもらって短期滞在ビザを取得する方法もあります。

また、ビザ申請人の国籍によって条件が異なるケースもございますので詳しくはお問い合わせフォームからお気軽にお電話やメールでご相談ください。

日本へ呼ぶことが出来ないかもとご不安になる前にご相談ください

初めてビザを取得する方必見!フィリピン人を日本へ呼ぶ

2. 短期滞在ビザ招へい理由書の各記載項目を紹介!

招へい理由書の1番から5番の内容を理解しよう!

さっきの招へい理由書の画像に上から順番に1番~5番の番号をつけました!これから順番に1番から説明をしていきますので画像を確認しながらどこの項目の説明かを見てくださいね!

招へい理由書番号付き

1番の日付の書き方について

1番の日付の書き方について

招へい理由書を記入した日付を書いてもらえればOKです!ただし、書類の有効期限は発行(記入日)から3か月間になります。

例えば、2018年7月1日に招へい理由書を記入した場合⇒招へい理由書の有効期限は2018年9月30日までになります。

そのため、短期滞在ビザ申請(大使館・領事館・代理申請機関へ提出)を行うのが2018年10月1日以降になる場合は、招へい理由書を書き直す必要がありますのでご注意ください。

2番の大使館・領事館の書き方について

2番の大使館・領事館の書き方について

ここには海外から呼びたい人(ビザ申請人)の国にある書類の提出先になる大使や総領事の名前を書きます。

例えば、フィリピンに暮らしているビザ申請人を招待したい場合は、在フィリピン日本国大使殿と記載します。(フィリピンの場合は、短期滞在ビザの審査は暮らしている地域がどこであっても審査を行うのは在フィリピン日本国大使館で行われます。)

ただ、中国のような国の場合、暮らしている地域によって管轄が異なります。上海に暮らしている人のビザを申請するなら在上海日本国総領事殿、北京に暮らしている人の場合は在中国日本国大使となります。

中国以外にも、ベトナム・ロシア・インドネシア・タイ・インド等も暮らしている地域によって管轄が変わりますので、事前に各大使館のホームページで確認することをおすすめします。

また大使や総領事はどちらかにチェックを入れますので記載する項目は在○○○○日本国の○○○○の部分のみ記載します。(例:在ベトナム日本国大使ならベトナムのみを記入し、大使にチェックを入れる)

【参考記事】ベトナム人の彼女と日本で結婚手続きが実現!ベトナム人の短期滞在ビザ手続き方法

3番の招へい人の項目の書き方について

3番の招へい人の項目の書き方について

まず、前提として3番の項目については招へい人と身元保証人が同一人物が行う場合は、省略しても問題ありません。その場合は、氏名欄の項目に「省略」と記載してください。もし、招へい人と身元保証人が別の場合は記入が必要になります。

【例:奥様が招へい人でご主人が身元保証人を行う場合は、奥様の情報を記載する】

【住所】の書き方
住所は招へい人の住民票に記載されている住所を番地やマンション名等も省略せず全て記入してください。商用の場合は、登記簿謄本に記載されている所在地を記載してください。郵便番号も忘れずに記入してください。

もし、一時的に仕事等のやむを得ない事情があり実際に暮らしている場所と住民票住所が異なる場合や登記簿謄本に記載されている住所以外で事業を行っている場合は、別紙で補足説明書を作成し何故そのような状況になっているのかを説明するようにしてくださいね。

【氏名】の書き方
氏名は招へい人の名前を自筆で書きます。氏名以外の項目についてはPCでの入力でも問題ありませんが、氏名は必ず手書きで記入するようにしてください。

商用の場合は氏名の前に会社名と役職を記入してください。捺印も忘れずにしましょう!商用の場合は代表社印・役職者印または会社印を捺印してください。

捺印は、シャチハタは避けてください。もし、外国籍の方が招へい人で印鑑を持っていない場合はサインでOKです。

【電話番号&FAX番号】の書き方
招へい人の電話番号とFAX番号を書いてください。FAX番号がない場合は記入は不要です。知人訪問・親族訪問の場合、電話番号は出来る限り連絡の繋がりやすい携帯番号を記入してください。

商用は会社の代表番号等で結構です!また、内線番号がある場合は記入し特にない場合は空白のままで大丈夫です。

【参考記事】フィリピン人を日本へ招待!フィリピン人の短期滞在ビザ手続き方法

【担当者所属先名】の書き方
短期商用の場合はこの項目に所属先の会社名を記入してください。知人訪問・親族訪問は記載不要です。

【担当者氏名】の書き方
担当者氏名とは招へい人(代表取締役等)がビザ申請人の招へい手続きを進めている場合は招へい人(代表取締役等)の情報で結構です。ただ、招へい人以外がビザ申請人の招へい手続きを担当している場合はその担当をしている人の名前を記入してください。

【担当者電話番号&FAX番号】の書き方
担当者の電話番号・FAX番号を書いてください。会社の番号でも問題ありませんが、出来れば繋がりやすい携帯番号を記入することをおすすめします。

【関連】100人中97人が来日!業界トップクラスの行政書士事務所で短期滞在ビザ取得

家族も友人も恋人もOK!中国人を日本旅行へ招待しよう

4番のビザ申請人の項目の書き方について

4番のビザ申請人の項目の書き方について

【国籍】の書き方
ここは海外から日本へ来る人(ビザ申請人)の情報を記入します。例えばベトナムの方を呼びたい場合は国籍はベトナムと記入します。

【職業】の書き方
職業はビザ申請人の職業を書きます。例えば会社に勤めている場合は「会社員」と記入します。会社を経営している場合は「経営者」と記入します。もし仕事をしていない場合は「無職」と記入してください。

【氏名】の書き方
氏名はビザ申請人の名前をアルファベットで書きます。氏名は必ずパスポートの順番通りに記入してください。もしスペルなどを間違えるとビザ申請人として認識してもらえなくなります!

そのため、氏名はビザ申請人のパスポートを確認しながら記入することをおすすめします!また中国の方など漢字の名前の場合はピンイン(アルファベット)を記入してください。

【性別&人数】の書き方
性別はビザ申請人の性別(男・女)にチェックを入れてください。そしてほか○○名はもしビザ申請人が複数名の場合はここに人数を記入してください。

例えば、友人2人を招待したい場合はほか1名という記入になります。3人の場合はほか2名、4人の場合はほか3名という感じです。ちなみに、招待したい人が1人の場合は他0名と記入してください。

【生年月日】の書き方
生年月日は西暦で記入してください。そして年齢は書類記入日(1番の日付箇所)を基準に考えてください。短期滞在ビザ申請中に誕生日がくるけど、どうしようといったご心配はいりませんよ。

【関連】中国人のカンタンな短期滞在ビザ手続き方法を知る

5番の招へい目的等の項目の書き方について

5番の招へい目的等の項目の書き方について

【招へい目的】の書き方
今回ビザ申請人がなぜ日本に来るのかを書いてください。例えば、観光を一緒にする・商談のため等と記入します。呼びたい目的にあった内容をご記入くださいね。

知人訪問の記入例
交際相手であるビザ申請人を日本へ呼び、一緒に観光するため
交際相手であるビザ申請人を両親に紹介したいため

親族訪問の記入例
母であるビザ申請人を日本へ呼び、私の家族と一緒に過ごすため。また、一緒に観光をするため
母であるビザ申請人に日本で挙げる結婚式に参加してほしいため

商用の記入例
ビザ申請人を日本へ呼び、商談を行うため
ビザ申請人を日本へ呼び、研修を行うため

【招へい経緯】の書き方
こちらは、出来る限り「別紙のとおり」と記入し冒頭でもご紹介した招へい経緯書を別途作成することをおすすめします。招へい経緯書については、後の項目で詳しくご説明します。

【申請人との関係】の書き方
申請人との関係はビザ申請人と招へい人がどのような関係かを書く項目になります。例えば、友人・交際相手・婚約者・ビジネスパートナー等です。

よくどちらから見ての関係性を書けばいいのか悩まれる方がいますが、例を出すと中国にいるお母さんを日本にいる娘が呼ぶ場合はビザ申請人の娘と記入すればOKです!なので書き方が分からないーーっと悩んだ時はビザ申請人の○○という記入にしましょう!

お問い合わせフォーム(今なら初回相談無料!)

ベトナム人の婚約者と結婚して日本で暮らす

お客様の短期滞在ビザ取得はコモンズ行政書士事務所におまかせください

まずは無料相談から

ネットでカンタンお申込

お問合わせ電話番号

3. 超重要!招へい理由書の招へい経緯とは

招へい経緯が短期滞在ビザ申請に1番重要な項目!

最初にお話をした大使館や領事館が公表していないビザ取得の可能性を大幅に上げることが出来る招へい経緯書についてご紹介します。

コモンズ行政書士事務所では、短期滞在ビザ書類を作成する際、招へい理由書の招へい経緯には「別紙のとおり」と記入し短期滞在ビザ審査に有利な招へい経緯書を別途作成しております。

招へい経緯は、ビザ申請人の国籍・ビザ申請人と招へい人の関係性・保証力(収入状況・年収・貯金額等)によって記入する内容が異なります。そのため、招へい理由書内の少しスペースでは書ききれないのです。

突然ですが、少し思い浮かべてみてください。今回、日本へ招待したい人はあなたにとってどんな人ですか?どのように知り合い、どんな楽しい時間を一緒に過ごしましたか?そして、今回何故その人を日本へ呼びたいと考えましたか?

きっと、少し思い浮かべるだけでもたくさんの出来事や想いが出てきたと思います。そんな強い想いを招へい理由書の少しのスペースだけでは審査官に伝えれないですよね?

そのため、私たちコモンズ行政書士事務所ではこの招へい経緯書を別に作成することを強くおすすめします。

ただ、注意点としてはたくさん書けば書く程良いというものでもありません。ちょうど良い文章量・ビザ審査に適切な表現が必要になります。逆にビザ審査に不適切な表現だと不許可に繋がってしまう可能性があるので招へい経緯書は慎重に作成してくださいね。

もし、ご自身でのビザ申請がご不安であればそのビザ申請、短期滞在ビザ取得率97%以上のプロ集団私たちコモンズ行政書士事務所へおまかせしませんか?

コモンズ行政書士事務所で来日が実現した事例をご紹介!

まずは無料相談から

  • フィリピン人の彼女を結婚手続きのため90日間日本へ招待
  • 中国人の父母を日本で子供の面倒を見てもらうため呼ぶ
  • ベトナム人の彼女に日本生活を体験してもらうため招へい
  • タイ人の彼女を90日間日本で一緒に過ごすため呼ぶ
  • ネットで知り合ったロシア人の彼女と日本で初めて会う
  • バリ島で知り合ったインドネシア人の彼氏を日本へ呼ぶ
  • インド旅行でお世話になったインド人のガイドを日本へ招待
  • 留学中に知り合ったスリランカ人の彼氏を日本へ呼ぶ
  • 駐在中に交際を始めたミャンマー人の彼女を日本へ招待

上記で挙げた例は一部です。その他にも、ラオス・カンボジア・モンゴル・ジャマイカ・ウクライナ・モロッコ・エジプト・ガーナ・フィジー・バングラデシュ・イラク・ペルー・コロンビア・トルコ・レバノン・ベネズエラ・ブータン・ウガンダ・ベラルーシ・キルギスなど様々な国での短期滞在ビザ取得実績が豊富です。

コモンズ行政書士事務所ではご依頼を頂いたお客様の100人中97人以上の方が短期滞在ビザ取得を実現しています。

私たちは、過去の取得実績に基づいたヒアリングを行い、お客様1人1人にあったビザ審査に有利な書類を作成致します。そして、お客様のビザ取得が実現出来るよう万全のサポート体制を整えております。

サポート料金は1名様40,000円(税別)と明朗会計になっております。ご依頼後に追加料金は一切頂きません。また、ご納得してもらった上でご依頼を頂きたいので初回相談は無料で行っております。強引な営業等は一切致しませんのでご安心ください。

また、メール・電話・郵送を利用しお手続きが可能なため日本全国47都道府県どこに住んでいる方でもご依頼をお受けできます。事務所へのご来所も不要でスキマ時間にお手続きを進めることが出来ます。

短期滞在ビザは、他のビザと異なり不許可になってしまった場合、6ヵ月間再申請することが出来ません。また、1度不許可になってしまうと不許可履歴が残るため再申請で許可を取得するのが難しくなります。

私たちコモンズ行政書士事務所では短期滞在ビザ取得率97%以上という実績がございます。ぜひ大切なビザ申請が失敗しないように私たちにお電話・メールでご相談ください。コモンズ行政書士事務所であなたの大切な人の来日を一緒に実現し、日本で楽しい時間を過ごしましょう!

お問い合わせフォーム(今なら初回相談無料!)

フィリピン人の婚約者と結婚して日本で暮らす

4. 短期滞在ビザの招へい理由書の書き方見本

知人訪問の場合の招へい理由書の書き方サンプル

知人訪問の際に記入する招へい理由書の書き方見本(記入例)になります。今回の例で記入しているのはフィリピン人の彼女を呼ぶ場合の招へい理由書見本になります。

アルファベットや記載項目に抜けがないように記入しましょう!必ず招へい理由書の氏名欄に署名・捺印を忘れないように気を付けてくださいね!ただし、招へい人と身元保証人が同一人物の場合はこの招へい理由書の項目に「省略」と記載し記入を省略してもOKです!

親族訪問・知人訪問の招へい理由書見本

【参考記事】外国人の彼女や彼氏をスムーズに日本へ招待しませんか?

親族訪問の場合の招へい理由書の書き方サンプル

親族訪問の際に記入する招へい理由書の書き方見本(記入例)になります。今回の例で記入しているのはフィリピン人の母を呼ぶ場合の招へい理由書見本になります。

アルファベットや記載項目に抜けがないように記入しましょう!必ず招へい理由書の氏名欄に署名・捺印を忘れないように気を付けてくださいね!ただし、招へい人と身元保証人が同一人物の場合はこの招へい理由書の項目に「省略」と記載し記入を省略してもOKです!

親族訪問・知人訪問の招へい理由書見本

【参考記事】海外の両親をスムーズに日本へ呼びませんか?

商用訪問の場合の招へい理由書の書き方サンプル

商用訪問の際に記入する招へい理由書の書き方見本(記入例)を掲載していますので確認してください。今回の例で書いているのはフィリピンの取引先を呼ぶ場合の招へい理由書になります。招へい人の署名欄は会社名+役職+名前を書いてください!そして捺印も忘れずにしてください!

商用訪問の招へい理由書見本

【参考記事】商用ビザを簡単に早く取得して取引をスムーズに!

お問い合わせフォーム(今なら初回相談無料!)

電話・メールで手続きOK!短期滞在ビザサポート料金1名様40,000円

5. 短期滞在ビザ招へい理由書の書き方まとめ

短期滞在ビザの招へい理由書についてしっかり理解しましょう!

  • 招へい理由書は外務省でダウンロード出来ます!
  • 招へい理由書にどんな項目があるか知りましょう!
  • 親族訪問・知人訪問と商用訪問では記入方法が違います!
  • 署名や捺印を忘れずにしましょう!
  • 招へい経緯は招へい経緯書の作成がオススメ!
  • ご不安な方はコモンズ行政書士事務所へお電話やメールでご相談を!

今回ご紹介した短期滞在ビザの招へい理由書の書き方&見本をご参考にしてもらえればスムーズにご自身で招へい理由書を書いてもらえるかと思います!ビザ申請の書類は不備があると短期滞在査証申請を受け付けてもらうことが出来ませんのでご注意くださいね!

私たちコモンズ行政書士事務所では、お客さまそれぞれにあった関係性や収入などを考慮しビザ審査に有利な書類作成をしております。サポート料金は1名様40,000円(税別)!2名様からは10,000円お値引きをしております。ご依頼後、追加料金は一切頂いておりません。

初回相談も無料で行っております。お気軽に下記のお問合わせフォームまたはお電話にてご連絡ください。短期滞在ビザを取得するなら業界トップクラス・国家資格者の行政書士であるコモンズ行政書士事務所へおまかせください。お客様のビザ取得をフルサポートすることをお約束致します。

お問い合わせフォーム(今なら初回相談無料!)

国家資格者の行政書士があなたのビザ取得をサポートします

お客様の短期滞在ビザ取得はコモンズ行政書士事務所におまかせください

まずは無料相談から

ネットでカンタンお申込

お問合わせ電話番号


短期滞在ビザ知識