観光で日本へ呼ぶビザ申請 | 観光ビザ.jp

観光ビザ.jp
お問い合わせ
日本で何しよう?大好きな人と神戸デート?それとも親子で箱根温泉?東京で新しいビジネスの打ち合わせ?友人と京都旅行なんかもいいかもね。

日本へ呼ぶ目的は?観光・商談・家族への紹介など日本へ呼ぶ目的を選んでください

日本観光のため呼ぶ

- Tourism -

日本観光のため呼ぶ

日本で観光や旅行・デートなど一緒に過ごすため家族や友人・恋人の短期滞在ビザを取得したい

結婚手続きのため呼ぶ

- Marriage procedure -

結婚手続きのため呼ぶ

日本で結婚手続き・婚姻手続きをするため婚約者(彼氏・彼女)の短期滞在ビザを取得したい

商談や打ち合わせのため呼ぶ

- Conference -

商談や打ち合わせのため呼ぶ

日本で商談や打ち合わせをするため取引先や現地社員の短期滞在ビザを取得したい

家族や友人に紹介するため呼ぶ

- Introduction -

家族や友人に紹介するため呼ぶ

日本で家族や友人に紹介するため家族や友人・恋人の短期滞在ビザを取得したい

日本へ一緒に帰国したい

- Return home -

日本へ一緒に帰国したい

海外で知り合った友人や恋人と一緒に日本へ帰国するための短期滞在ビザを取得したい

その他

- Other -

その他

その他の日本へ呼ぶ目的で短期滞在ビザを取得したい方はこちらへ

観光ビザ.jp特集

  • フィリピン人の彼女と日本でデート
  • 中国人の友人と日本で一緒に遊ぶ
  • 観光ビザ.jpのサポート料金について詳しく知りたい
  • 親族訪問って何?日本へ家族を呼ぶ
日本へ誰を呼ぶ?

日本へ誰を呼ぶ?

- Who -

あなたは日本へ誰を呼びたいですか?お母さん?お父さん?彼女や彼氏?それともビジネス関係の方ですか?外国人の方を日本へ呼ぶための短期滞在ビザは、関係性によって準備する書類が異なります。日本へ呼びたい人とあなたの関係性から情報を調べることが出来ますので、ぜひチェックしてみてください。

詳しくはコチラ
どこの国籍の人を呼ぶ?

どこの国籍の人を呼ぶ?

- Country -

あなたはどこの国籍の人を日本へ呼びたいですか?観光ビザ.jpでは、中国・フィリピン・ベトナム・ブラジル・タイ・インドネシア・ネパール・カンボジア・ミャンマー・南アフリカ・パキスタンなど数多くの国籍の方の短期滞在ビザ取得を実現しています。短期滞在ビザは、国籍によって申請書類が異なります。ぜひチェックしてみてください。

詳しくはコチラ
どこの都道府県へ呼ぶ?

どこの都道府県へ呼ぶ?

- Prefectures -

あなたはどこの都道府県に外国人の方を招待したいですか?観光ビザ.jpは全国対応ですので、北海道~沖縄の方までご依頼OKです!また、ご依頼時にはご来所頂く必要もありませんのでご安心してご相談ください。ぜひあなたが暮らしている都道府県や呼びたい都道府県で情報をチェックしてください。

詳しくはコチラ
お客様の声

お客様の声

- customer's voice -

観光ビザ.jpを運営しているコモンズ行政書士事務所へ実際にご依頼頂いたお客様からの声をご紹介しております。たくさんのお客様から「ありがとう」を頂き大変嬉しく思います。ぜひご依頼・ご相談のご参考にしてください。

詳しくはコチラ

観光ビザ.jp人気記事 ブログで人気がある記事をご紹介

外国人の方を日本へ招待するための短期滞在ビザを申請する際に、必要になる「招へい理由書」の書き方・記入を教えます。実際に行政書士事務所で使用している見本を掲載していますので、分かりやすい内容になっています。⇒続きはこちら

フィリピン人の彼女や彼氏と簡単に結婚手続きを行いたい方必見の記事です!フィリピン人と日本人カップルの結婚手続きには様々な方法がありますが、きっとここでご紹介している方法が1番簡単に結婚手続きが出来る方法だと思います。⇒続きはこちら

「短期滞在ビザは取得するのが難しそう・・・。」「もし失敗したらどうしよう・・・」とお悩みの方はぜひこちらの記事を見てください。短期滞在ビザを早く簡単に取得出来る方法をご紹介しています。ぜひこれから短期滞在ビザの取得をお考えの方はチェックしてください。⇒続きはこちら

中国人のお父さんやお母さんを日本へ呼ぶための短期滞在ビザ取得についてご紹介しています。観光ビザ.jpは中国人の短期滞在ビザの実績やノウハウが、他の事務所に負けないくらいたくさんあります!中国の家族を日本へ招待したいとお考えの方はぜひこちらをチェックしてください。⇒続きはこちら

Q&A

観光ビザ.jpでは、お申し込みを頂いてから実際に日本へ入国出来るまで最短1ヶ月半~2カ月後を目安にご案内しております。中には早い方であれば1ヶ月程で来日が実現しているケースもございますが、申請する国によって審査期間が異なるため余裕をもって1ヶ月半~2カ月程度とお考え頂くのが良いかと思います。

これは明確な基準が大使館や領事館等では公表されていないので、金額は多ければ多いほど良いという回答になりますが、観光ビザ.jpで短期滞在ビザをご取得頂いているお客様のデータから考えると年収300万円以上、預貯金額100万円以上の方が多いです。

短期滞在ビザの申請先は、ビザ申請人の国にある日本国大使館や領事館です。フィリピンや中国・タイ・インドなどの国の場合は代理申請機関を通して申請を行います。(一部地域を除く)

短期滞在ビザは、例え短い期間でも報酬が発生する活動を行うことが出来ません。例えば、報酬が発生しない研修や打ち合わせ等は可能です。詳しくは1度ご相談ください。

弊所では、インターネットで知り合った・知人に紹介してもらった等で1度もお会いしたことがない方も日本へご招待されています。日本で初めて会いたいという方はお気軽にご相談ください。

収入を証明する書類は、例えば課税証明書があげられます。課税証明書には1年間の所得金額が記載されています。あとは、給与明細書や源泉徴収票なども求められるケースがあります。

日本で発行される証明書は全て発行日から3ヵ月以内のものをご提出ください。

短期滞在ビザの招へい経緯書とは、今回なぜビザ申請人を日本へ呼びたいのか・日本へ来て何をするのかを説明する書類になります。また招へい人とビザ申請人の関係性もしっかり記載します。招へい経緯書できちんと説明することによって審査の結果が大きく変わるといっても良いでしょう。私たちは、多くのお客様の短期滞在ビザをサポートしておりますので記載するポイントを熟知しております。どのような内容を書けばいいいのか分からないと悩まれている方はぜひご相談ください。

安心してご相談頂けるように初回相談は無料で行っております。フリーダイヤルもご用意していますのでお気軽にご相談ください。尚、ご依頼時(料金が発生する際)は、事前にきちんとお見積書・ご請求書をお送りしておりますのでご安心ください。

弊所は、ご契約時にお見積書を発行しご依頼金額を明確にしています。また、追加費用をご請求することは一切ございませんのでご安心ください。短期滞在ビザは1名様40,000円(税別)でお受けしています。詳しくはお電話またはメールにてご相談ください。

観光ビザ.jpへお問い合わせ

お電話での問い合わせ

受付時間

平日 9:00 - 21:00

土祝 9:00 - 18:00

    0120-1000-51

メールでの問い合わせ

受付時間

24時間受付可能

Copyright c 観光ビザ.jp All rights reserved

お問い合わせ